【NEW】【iH22D2】注目のNewプロテインの開発と応用技術2022②(5講演、全体110分)

【NEW】【iH22D2】注目のNewプロテインの開発と応用技術2022②(5講演、全体110分)

【NEW】【iH22D2】注目のNewプロテインの開発と応用技術2022②(5講演、全体110分)

動画

無料動画



近い将来、世界的な人口爆発がおこることが予測されています。そうしたなか、既存のたんぱく資源にとらわれない、新たなタンパク素材が市場に続々と登場し、注目を集めています。
本セミナーでは、プラントベースミートに代表されるような新たなプロテイン素材やその関連素材、応用技術について取り上げていきます。
※本セミナーは2商品に分かれています。①は2022年9月30日までの限定配信となります。

①豆粉から抽出/分離物まで~ 4 種類の豆類を由来とするタンパク素材とアプリケーション
プラントベースフード市場が活況を呈する中、雑豆(大豆以外の豆類)由来の豆粉やタンパク素材の認知度、導入例が増えています。本講演ではグローバルの雑豆素材市場の現状を紹介するとともに、イングレディオンの持つ雑豆由来製品について特徴から応用までを紹介します。


②クリケットプロテインの食品への利用可能性と今後の研究開発動向
次世代プロテインとして注目される食用コオロギの栄養的、環境的付加価値を掘り下げ、食品原料としての利用可能性について紹介します。また、食用コオロギの生産および加工に関する最近の研究開発動向を概観します。


③酵素処理ステビアを用いたタンパク配合商品の風味改善効果について
本セミナーでは、当社の酵素処理品「SKスイート」シリーズの特徴およびプロテイン素材や分枝鎖アミノ酸特有の苦みに対するマスキング効果のアプリケーションを紹介するとともに、自社で保有するセルロース製品や酵母エキスなどを併用したプラントベースミートへの最新の研究成果も報告する。


④安定的においしく食べられる代替肉・代替水産加工品の加工技術
近年、価格高騰・資源枯渇・環境意識の向上等を背景に代替肉の市場が急拡大しているほか、代替水産加工品の市場拡大の兆しも見られる。本講演では、加熱ゲル化という動物性たんぱく質と似たゲル化機構を持ち、食感改良・油脂代替・結着・マスキング目的で利用できるカードランの代替肉・代替水産加工品への利用法を紹介する。


⑤プラントベースミートにおけるこんにゃく製品の可能性
「臭いが無い」「ゲル化する」などユニークな物性を持つこんにゃく粉製品の紹介と、植物性タンパク質を原料としたプラントベースミートへの応用について。